ライトゲーム

--------
AUTHOR: Megaceryle
TITLE: ソルトウォーター ライトゲーム
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 1
PRIMARY CATEGORY: 沿岸小物疑似餌釣
CATEGORY: 沿岸小物疑似餌釣

DATE: 02/13/2009 00:40:40
-----
BODY:
早春のエギングをするという妻の運転手で何時もの佐賀県の某所に向った。到着時刻は午前2:00を過ぎたところで妻は寝てしまった。ということで自分の釣を決行することに。
僕の運転する車は、一昨年いい思いをした小河川河口へきていた。もちろんイカの可能性は薄いポイント。干潮間際の河口には鯔らしきモジリが数発。即座にシンキングペンシル6センチを投入。
一発で水面炸裂するものらずに沈黙してしまう。その後は何かがおかしいと思いながらもキャストを繰り替えした。魚が小さいのか魚種が違うのか・・・
どうやらヒラセイゴには少々時期が早かった様子である。
その後も数発バイトはあったがのらずに小さく移動しアプローチ方向を変えた。
今度は入射角度が良かったのか接近戦でなんとか仕留めた。先ほどのバイトの正体はメバルである。
200902110440000.jpg        産卵間際なのかもしれない。ストラクチャーではなく河口のスリットに潜み、ブレイクラインに沿って盛んに小型のイワシにライズしていた。
200902110350000.jpg
こんなのがバイトするんだからフッキングしないはずだ。カワイイサイズは全てリリースした。
200902110415000.jpg
シラスにはアジもライズする。この光景は・・1995年頃佐渡島に渡り始めてルアーで釣ったアジを思い出した。ここまでで自分の釣は一旦終了。睡魔に襲われ少し仮眠を取る。

やがて目が覚めて夜が明けて波止場に行きエギを投入するもノーバイト。
こんな寒いのにイカが釣れるのか?疑心暗鬼のまま時間は経過した。何箇所かポイントを周るがエギングはいまいちの様子。
そのうち妻が起きて、ポイントを指定する。昨年秋に見付けたマイナーな護岸だ。墨跡も少ないし釣り人も少ないが湾の入り口に面しているので潮通しはいい。そこでロックフィッシュ狙いのアングラーと遭遇する。昨夜の状況を情報交換し、僕もまた根魚狙いを・・まあまあのアラカブを数匹キャッチした。

僕のソルトのライトゲーム暦は意外と長いことに気が付いた。今思えばエコギアの発売の頃だからもう
とっくに十年は過ぎているんだね。あの頃はメバルに特化したタックルも無く、ソリッドの竿も少なかった。オリムのシーサイドスティック662LにABUの1044を組合わせ何でも釣ったものだった、シーバス、カマス、イナダ、ソイ、アイナメ、チヌ、アジ、ウミカジカやハタなど。
昔、カラフトマスを釣りに下北半島の行ったときにワームを海に投げたのが始まりで、渓流釣の合間にしては色々遊べるのでちょくちょくやっていた。
そう何と言っても手軽なので好きな釣りだったのだ。その遊びの釣もやがてロングロッドを買い、ジグを買い、ペンのリールを買い、どんどんエスカレートして 現在のシーバス釣や青物釣まで発展してきたのだ。

そして思いもしなかった ジャンルがコレ。
200902111238001.jpg                      イカは魚じゃないからフィッシングじゃないんだよね?とか自分の中でこのエギングがなんなのか未だにわからないけど。何故かコツは掴んできた様だ。3.5号のエギをガッシリ抱えて上がってきたのはコウイカ。
妻のタックルを少々拝借してキャスト、かなり沖のボトムでずっしりとのり、ガタゴトとローリングしながら浮上してきた。スミイカというだけあって墨の量はアオリの比ではない。
僕より近くにいた餌釣りでクロ狙いのおじさんのほうが興奮していた。
おじさん「ほお そいつは、フトカ!ミズイカバイ!!」
僕「いいえ スミイカですよ。。」
おじさん「イカは場所によって色を変えるけん、わからんもんね!」
僕「ん・・・・」
という少し??なやりとりもあったのだが、この界隈では珍しく、エギング以外のアングラーとも知り合うこともでき、今回の釣行は、最後に2歳の子供のサビキ釣と共に終了した。(サビキのほーは風のため即中止)息子も何故か釣りは好きな様だ。集中力は親同様持続しないが、釣竿を握り、振り回し興奮していた(汗)
僕の様にならなければ良いのだが。。。
-----
EXTENDED BODY:

-----
EXCERPT:

-----
KEYWORDS:

-----
COMMENT:
AUTHOR: 波乗三平
EMAIL: matsunaga_sagakita@yahoo.co.jp
IP: koukyo-gate.saga-ed.jp
URL:
DATE: 02/13/2009 10:00:09
TITLE: またご一緒させてください
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
日曜日は貴重な情報とお話ありがとうございました。
経験値の浅い私にとっては大変興味深い内容ばかりで・・・
昨日、本ブログをゆっくり読ませてもらいましたが、なるほど・・・日曜日の話が興味深いわけがよーく分かりました。
いつもは対岸側でキャストしてるのですが、遠くにアングラーの姿が見えたので、以前から気になっていたので移動したところでした。
女性と小さい子供がエギング??
不思議だな~と横目で見ておりました。すると車中よりいかにも睡眠不足気味の男性が。なるほど釣り好きのお父さんに振り回されている奥さんと子供か・・・などと勝手な想像をしておりましたが、まさか奥様指定のポイントとは・・・恐れ入りました。
その後のひとときはたいへん楽しい時間となりましたが。
またご一緒できることを楽しみにしております。
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: i60-36-163-179.s30.a048.ap.plala.or.jp
URL:
DATE: 02/13/2009 12:53:17
TITLE: 波乗三平さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
当ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
また先日はお蔭様で楽しい時間を過ごせました。
九州に来て4年経ち地元のアングラーとの交流も増えつつあり
みなさまとフィールドに、ただただ感謝で御座います。
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。
-----
COMMENT:
AUTHOR: ホゲタツ
EMAIL:
IP: ZQ079184.ppp.dion.ne.jp
URL: http://hogetatsu115.blog46.fc2.com/
DATE: 02/13/2009 20:38:19
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こちらでもよく浜でコウイカの骨?甲?らしきモノが落ちているのを見かけるので、もしかして釣れるかも?と思っています
釣り好き一家でいいですね!
お父さんだけだとなにかと肩身狭かったりしますからね^^;
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: softbank221088111128.bbtec.net
URL:
DATE: 02/14/2009 19:58:32
TITLE: ホゲタツさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
何時もコメントありがとうございます。
コウイカの靴箆状の骨が浜にあるのなら間違えなく釣になりそうですね。
春先接岸しますからボトムをゆっくり探るといいと思います。
家族で釣好きですが ジャンルはバラバラなので苦労もありますw
-----
COMMENT:
AUTHOR: 波乗三平
EMAIL:
IP: pc-202-169-142-244.cable.kumin.ne.jp
URL:
DATE: 02/16/2009 21:25:00
TITLE: 週末は・・・
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
土曜夜は、佐賀県某小河川河口へ行ってまいりました。満ち込みの3時間ほどを狙いましたが、ヒラセイゴはご不在でした。
港内をランガンしてみたのですが、出るのはアジ、あじ、そして鯵。しかし、それなりに楽しめた夜でした。
次の日は伊万里方面を友人とともにロック狙いのデイゲーム。
友人の案内でおすすめ漁港をランガン。流行のF8でキャスティングにて誘うとガツンときたのですが、その後根にもぐられ「ハイお終い」。
その後、どこを探すもメバルはご不在のようで仕方なくエギングにチェンジ。間もなく食べごろ600gサイズがヒット。鯵を追加してゲーム修了。
本日の我が家の食卓には刺身、天ぷら、アジフライ。
たいへんに賑やかになりました。
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: softbank221088111128.bbtec.net
URL:
DATE: 02/16/2009 23:39:30
TITLE: 波乗三平さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
コメントと釣果ご報告もありがとう御座います、参考にさせて頂きます。
例の小河川河口に行かれたということですね。
あの場所は、僕の曖昧なデータでは鯵とセイゴが混ざる時もあったと記憶はしていますが、
ヒラセイゴ接岸の要因を掴みきっていません。
様々なファクターが絡んで生態のバランスを作りますので、フィールドに向き合うことが
答えの近道かもしれませんね。
憶測の範囲ではありますが、イワシ系のシラスが引き金になって
メバルや鯵、セイゴなど呼び寄せると思います。
先日も鯵はうるさいくらいアタリましたので、今多い魚種は鯵なのかもしれませんね。
本当に小場所ですが夏はウナギが大群で押し寄せたり、
小型ながらチヌがチェイスしてきたりしますので、近くに行くことが
あったら叩いてみるといいと思います。
-----


--------
AUTHOR: Megaceryle
TITLE: メケメケ
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 1
PRIMARY CATEGORY: 鱸用疑似餌針
CATEGORY: 鱸用疑似餌針

DATE: 02/17/2009 00:42:35
-----
BODY:
meke2.jpg 昨今、様々なシーバスルアーが市場に出回っているが、疑似餌(ルアー)としての存在感の強いメケメケ。
ミラクルワークスというメーカーが世に放った、ジャークベイトという聞き慣れないジャンルのルアーである。
過去に東京湾は荒川の河口で何度か美味しい思いをしたルアーなのだが、実は筑後川で初めて釣ったフローティングミノー?はこのメケメケである。僕の場合は ピンポイント爆撃用ルアーでワンチャンス魚の鼻っ面で弱いジャークを入れて仕掛ける釣に使っている。写真上はウッドモデル、価格は4000円ほどと高価なのだが効果はインジェクションモデルとの差は少ない。逆に重心移動を武装したインジェクションモデルのスペックは驚くほど高いのだ。11センチ18gで価格は2000円~と安くは無いが、基本的にロストすることは無いので7~6年くらい使い続けている。
他にはハンマーというのが有名であるが、コレはシャロー攻略用のルアーと考えていいだろう。
ハンマー                   引き波とボリュームで存在感は大きいが、何度も繰り返しキャストする様なルアーではない。魚影の少ないエリアで魚を探すときか、ここ一番で大型を狙うときに使用していた。 気になるのは九州では流通量が少なく釣具屋で見かけることが殆どないことだ。NETで購入は可能の様子であるが復刻と書いてあり、それも次回製造予定無しとなっていた。何時ものことなのだが、僕のお気に入りは世間に見放されやがて消えていく。メーカー自体が無くなる事も多いのが釣具業界なのだが、そもそも趣味が高じて釣具屋やメーカーになったのだろうけど作るなら責任もって作り続けて欲しいものだ。そんなこと言うなら自分で作れと言われそうであるが、自分の好きなルアーが消えることは哀しいことだ。 
-----
EXTENDED BODY:

-----
EXCERPT:

-----
KEYWORDS:

-----
COMMENT:
AUTHOR: 筑紫次郎
EMAIL:
IP: p1069-adsao04tenjmi-acca.fukuoka.ocn.ne.jp
URL: http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/
DATE: 02/17/2009 01:03:48
TITLE: では・・・
SECRET: 0
PASS: dc2cf2b41ae6d93ac09943d8364a3886
創りましょう!
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: i60-36-163-179.s30.a048.ap.plala.or.jp
URL:
DATE: 02/17/2009 12:38:02
TITLE: 筑紫次郎さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
まいどです。
ルアー製作もそろそろ始めないと
シーズンになってしまいますね。
しかし今期はもう既に始まってる状態ですw 
急がねばですね。
-----
COMMENT:
AUTHOR: 波乗三平
EMAIL: matsunaga_sagakita@yahoo.co.jp
IP: koukyo-gate.saga-ed.jp
URL:
DATE: 02/17/2009 14:01:18
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
アドバイスありがとうございました。また挑戦してみます。
某河口より車で15分ほどの漁港に、この時期大量のベイトが押し寄せ、それにシーバスがどっかり着いてくることがあります。
ひとたび入れば、数日間にわたりゲームを楽しむことができます。
その夜、友人が調査したとろまだ入ってないとのことで、入り次第ご連絡いたします。
ところで、メガメバル狙い西方面への遠征もそろそろ視野に入れて、計画でもいかかがでしょうか?
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: softbank221088111128.bbtec.net
URL:
DATE: 02/17/2009 23:45:24
TITLE: 波乗三平さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こちらこそ貴重な情報ありがとう御座います。
そのベイトの種類はやはりイワシ系のシラスなのでしょうか?だとしたら時期的にも例の小河川河口の群と因果関係がありそうですね。おそらくは同時期シラスが接岸、それに魚食性の魚が付くというパターンが考えられるのですが、塩分濃度の濃いエリアのシーバスは気まぐれですから時期も期間も逃すことが多く、僕も掴みきれてません。居たり居なかったりの差が激しい傾向にあると感じています。

メバル釣行ですかお誘いありがとう御座います。今月中の週末で調整してみます。
-----


--------
AUTHOR: Megaceryle
TITLE: 一周年
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: default
ALLOW PINGS: 1
PRIMARY CATEGORY: 嗚呼、釣り人生
CATEGORY: 嗚呼、釣り人生

DATE: 02/18/2009 00:22:03
-----
BODY:
tone.jpg
気が付けば、当ブログも一年続けてしまった。始めた目的はなんだろうと考えてみたが明確な答えなどあるはずもなく、ただ昔に比べれば釣行日数が減り、釣に行くことが出来ずに自分の釣りを見失うようなことが無いように始めたのかもしれない。

この写真を撮影した嘗て釣を共にした仲間からは、よくこんなことを言われた。
「○○君よぉ~もう十分釣ったじゃないか。」
確かに十分も十二分も釣ったし釣りをしてきた。満足はしているつもりだ。
釣り場に行かなくても 木々を野山を見ればその釣り場の状況を感じる感覚さえ備わっていた。
しかしそれは生まれ育った北関東の話である。



九州というフィールドは僕に新たな挑戦状を叩き付けた。

この地の本流は未開拓エリアであり、シーバスでさえ限られたポイントにしかアングラーの姿を見ることはない。苦労して釣るスタイルの釣師、アングラーをあまり見かけない。

みんな魚を探す楽しみを捨ててしまったのか。

もちろんフィールドに毎日通う熱心な仲間達はいるが、新しい場所の情報は、自分で掴むしかないのだ。そう、フィールドが僕に手渡したご丁寧な挑戦状には 自分の釣は自分で探せ と詳しく書いてある。

上手い釣師、ベテランの釣師、大物志向、数釣の天才、繊細なテクニックの持ち主、経験豊かな鬼、
毎日そこにある杭のようなアングラー。

様々な釣師、アングラーに出会って 僕はその真似をしながら 自分のものにしてきたのかと思う。
要するにウマイ奴に出会ってより釣れるようになってきただけなのである。

人類は全て周囲の者を真似る習性がある。ならば、最初に狩じゃなく、漁じゃなく、 釣 をした奴は いったい何処の誰なんだ。

その答えはどこにもない、ただ思いを馳せながら フィールドに向っている。

もう誰の真似もできないという、ある種の 恐怖心 が僕の中で芽生えた。
僕は何処にいっても釣る。という自信はあっという間にその恐怖心に飲み込まれた。

今は、釣を学びたい。

今よりも 釣れるようになりたい。

もう一度、基本をしっかりと重ねたい。

己の釣がどんだけ未熟なものかを 改めて謙虚に受け止めて さらに先にあるものを掴みたい。

経験などは全て過去昔の思い出日記みたいなものだ。明日釣れるのかっていうのは明日釣に行かなければわからない。誰が何センチを何匹釣ったとしても、それがそのまま自分の釣果なんて有り得ない。今ここが釣れてるからって、近道などしないで コツコツやろうと思う。

明日どんな釣をしているのかわからないけれど。

訪問された皆様、一年間ありがとうごさいました。

今後とも本ブログを宜しくお願い致します。
-----
EXTENDED BODY:

-----
EXCERPT:

-----
KEYWORDS:

-----
COMMENT:
AUTHOR: 筑紫次郎
EMAIL:
IP: p5115-adsao01tenjmi-acca.fukuoka.ocn.ne.jp
URL: http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/
DATE: 02/18/2009 03:00:31
TITLE: もう?or まだ?
SECRET: 0
PASS: dc2cf2b41ae6d93ac09943d8364a3886
もう?一年経ったようでもあり、
まだ?一年のようでもあります。

しかし、一年で114記事のUP・・・!

そのうちでも釣行記よりもはるかに多いその豊富な知識に基づいた記事にはただただ脱帽です。

コツコツUPして一年で1日50アクセス以上。
もう、すっかり人気ブロガーですね!
毎回、更新が楽しみです!

これからも、一緒にフィールドに対して謙虚に立ち続けましょう。
今後とも、よろしくお願いします。
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: softbank221088111128.bbtec.net
URL:
DATE: 02/18/2009 21:25:31
TITLE: 筑紫次郎 さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
何時もありがとうございます。
365日はあっという間にです。
釣に行けない気持ちをぶつける場所がこのブログなのかもしれません。
昔のように釣に行っていたら綴る時間もありません。
まあこれからもネタを小出しにして長くゆっくりやってきます。
どうぞ宜しくお願い致します。
-----
COMMENT:
AUTHOR: ホゲタツ
EMAIL:
IP: ZK152048.ppp.dion.ne.jp
URL: http://hogetatsu115.blog46.fc2.com/
DATE: 02/18/2009 21:38:36
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
一周年おめでとうございます

海のない県でもスズキが釣れると聞きます
それを最初に釣ったのは所謂シロートと呼ばれる人じゃなかったのか・・・
標準だとか常識だとかそんなものに囚われない自由な発想ゆえに・・・
そんなことを想像したりします^^;
Megaceryle lugubさんは一周してその境地へ再び辿り着いたのかもしれませんね

これからも参考にさせていただきます
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: i60-36-163-179.s30.a048.ap.plala.or.jp
URL:
DATE: 02/19/2009 12:10:38
TITLE: ホゲタツさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
コメントありがとう御座います。
何を隠そう僕の初めて釣ったスズキはかなり内陸です。
海無県の埼玉、群馬、栃木、茨城エリアにある大河でした。
最初に獲った人はたぶん川漁師さん、次がえさ釣りのオジサン達、
ルアーで釣れるんじゃない?って始めたのが僕の仲間達でした。
海でもないの鱸というのは不思議な感覚でした。
-----
COMMENT:
AUTHOR: hiraipapa
EMAIL:
IP: nvs05.nns.ne.jp
URL: http://rainopapa.blog57.fc2.com/?no=13
DATE: 02/21/2009 22:57:19
TITLE: すごいですね。
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
1周年おめでとうございます。

私から見るとMegaceryle lugubさんは、色々なジャンルの釣りを熟知している「釣マイスター」と言ってもよいのですが・・・今回の記事を拝見すると「釣り」の奥深さを更に実感しちゃいますね。

だから・・・
釣りは楽しいのですかね~。
-----
COMMENT:
AUTHOR: Megaceryle lugub
EMAIL:
IP: softbank221088111128.bbtec.net
URL:
DATE: 02/22/2009 00:45:09
TITLE: hiraipapa さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
コメントありがとうございます。
熟知だなんてとんでもない。

僕の釣仲間には、バス一筋、源流一筋、フライ一筋、サクラマス一筋、オフショア一筋、シーバス一筋、道具収集一筋などなど。極める方が多いです。

その各ジャンルを熟知しているのは、その方達でありますので、僕は疑似餌釣全般の知識として知っている、或いは、経験があるという程度です。

僕は、オールマイティな釣をしたいと常日頃思っていますので、逆に○○道を極めるという方向には辿り付けず中途半端なのかもしれません。

そもそも、釣に向ける、フィールドに向う 情熱には 素人も 玄人も 無いんですね。

僕に欠けてたのは その情熱、釣りたい気持ちという大変大切な部分なのです。

 2009年シーズンは その 情熱 をさらに 熱く 向けたいと願っています。

今後とも どうぞ宜しくお願い致します。 
-----


--------
[PR]
by toyosikigijie | 2012-12-31 13:52
<< フィンランド製ルアーのあれこれ ソルティーブラウニー >>